ヤマハブラザーズホームページ
ヤマハブラザーズについて (。´・ω・)?
トップページに戻る
そこそこまじめにヤマハブラザーズのことを知りたければお読みください。

ヤマハブラザーズって? (。´・ω・)?

ヤマハブラザーズの歴史

2000年代初期に、ボーカルのM.C.KAWARとDAISUKE-BEEが中心になって結成されました。
その後TAMA-KINGが加入するも、大人の事情で一旦バンドは休止。
バンド休止後はそれぞれが各自の活動に精を出していました。
そんなとき、M.C.KAWARの歌声に惚れ込んでいたDAISUKE-BEEがYAMAHA BROTHERSを再結成させます。
そのときにTAKEOVICHとKOHJI REVENGERが加入しました。
今のメンバーになってから、まずは1stアルバムを完成させました(COME BACK~帰ってきたヤマハブラザーズ)。
バンドの作風としては。流行らなくていいからとにかく中年男子の悲哀を歌うことを大切にしています。
アルバム完成後、油断していたメンバーの一部を大きな悲劇が襲い、しばらく身動きができない状態になりました。
そこから何とか回復し、2ndアルバム完成への流れとなりました。

メンバー全員は音楽以外のことも抱えております。
それぞれがそれぞれ別の仕事をしており、生きていくのに精一杯です。
そんな生きていくうえで起こりうる悲しみや笑いをテーマに音楽をやっております。
仕事で疲れたサラリーマンの中年の皆様が、YAMAHA BROTHERSの曲でちょっとだけ回復していただければ幸いです。
演奏がうまいわけでもなく、容姿がいいわけでもありませんが、何とか生きているバンドです。

多分、女性の皆様には受けが悪い音楽と歌詞だと自覚しています。

アルバムの見せ場、聞いてほしい部分

セカンドアルバム「GO FIGHT~たたかえ!ヤマハブラザーズ」

ファースト完成から6年かかったアルバムです。途中に紆余曲折ありまして、いろいろ苦労しました。
正直なところ、途中で完成を諦めようと思った時期もありました。
前回とは実験的に機材を変更し、録音方法を変え、新しいことに挑戦しました。
それが良かったのか悪かったのか、それは聞いてくださった皆さんにお任せします。
相変わらずギター中心の音楽ですが、今回はキーボードが目立っています。
もちろんサウンドの中心は歌です。覚えやすいメロディで構成するよう心がけました。
とにかく完成までに本当に苦難を乗り越えた作品なんで、ぜひ気に入ってやってください。

M.C.KAWAR:歌に表情を出すように心がけました。バラードの歌い方や速い曲の歌いまわしも曲のイメージを持ちつつ録音しました。
DAISUKE-BEE:自分でもよくやったとほめてあげたいぐらいです。特にミックスダウンのつらい日々。見せ場は歌ですよ。
TAMA-KING:重ね録りはもちろんやっています。今回私が弾けない部分はDAISUKE-BEEさんにお願いしています。
TAKEOVICH:ベースは前回から機材を一新しました。デモでは分厚い音でしたが、完成品はいい具合に引っ込みました。
KOHJI REVENGER:ドラムの音が大きすぎるかもしれません。歌を邪魔していたら許してください。ダビング便利。

ファーストアルバム「COME BACK~帰ってきたヤマハブラザーズ」

作曲から録音までわずか半年、その後1ヶ月のミックスで完成させました。
それゆえに粗い部分などもありますが、メンバーの勢いがよく出ていると思います。
いわゆるギター中心の楽曲ですが、歌を大事に作曲していますので、比較的聞きやすいかと思います。
すっきりしたサウンドと下品な歌詞をお楽しみください。

M.C.KAWAR:I'LL BE THEREやDAIJYO-Vをはじめとする歌モノのアルバムです。一緒に歌ってください。
DAISUKE-BEE:ギターソロを、と言いたいところですが僕はM.C.KAWARの歌にほれ込んでいるので歌を聞いてください。
TAMA-KING:チャリで日本一周のイントロとアウトロの私のヴォーカルを聞いてください。
TAKEOVICH:勢いあるアルバムなので、最後まで通してすぐに聞けると思います。
KOHJI REVENGER:バスドラの音色には気を使いましたが、短期間で完成した作品の一体感を楽しんでください。